オススメの公園

多摩地区周辺の「台和橋藤棚公園」は散歩の穴場スポット!散歩にオススメ

お家時間が長くなると、まったくといって良いほど外出する機会がありませんでした。

「たまには外に出たい!」と思うようになりましたので、散歩をはじめました。

色んなところ散歩していたところ、素敵な場所を見つけました。

その場所とは、「台和橋藤棚公園」です。

なので、今回は「台和橋藤棚公園」へをご紹介したいと思います。

台和橋藤棚公園の概要

台和橋藤棚公園に遊具はなく、ベンチが3つだけあります。

ベンチの上には藤の花の屋根があります。
藤の花が咲いている季節は見惚れてしまうほど綺麗で、なんがか心が洗われる感じがしました。

台和橋藤棚公園の周辺は桜並木となっています。
桜が咲く季節は、お花見に最適な場所となっています。

オススメの期間は、3月下旬から4月上旬くらいです。
駅近ではないので人も少なく、多摩地区のお花見スポットとしては【穴場】だと思います^^

また、台和橋藤棚公園は、令和3年3月にリニューアルをしてキレイになりました♪

さて、桜の紹介もしたいところですが、今回はオススメの散歩コースをご紹介したいと思います。

台和橋藤棚公園にある農業用の水路について

台和橋藤棚公園へ入ってベンチと逆側には下におりる階段があります。
階段をおりていくと、川沿いの道につながっています。

この川沿いの道は、二ヶ領用水といいます。
多摩川を水源とした江戸時代に整備された農業用水路です。
歴史がありますね〜。

道なりに進んで行くと散歩にちょうどいい距離かなと思います。
私は、休日の時間があるときには二ヶ領用水を40分ほど往復しています。
※二ヶ領用水すべては歩いていないです

散歩コースとして何がよいかというと、自然がたくさんあるところです!
4月は桜並木、5月は生き生きとした葉が生い茂っています。
3月くらいまでは少し寂しいですが、それはそれで季節を感じることができます。

また、二ヶ領用水には「鯉」や「鴨」が泳いでいます。
鴨はカップルで行動してることが多いようで、仲睦まじい姿をみて、普段を仕事を忘れて思わず和んでしまいます。

運が良いと白い姿が美しい「カワサギ」に出会うこともできます。
「カワサギ」に出会えたときは「ツイているなぁ」と思います。

他にもアメンボが川を泳いでいたりして自然がとても豊かです。

普段家の中にいてばかりなので、こういった自然の中での散歩はとてもリフレッシュになりました♪

「台和橋藤棚公園」の先にある「名もなき広場」について

実は「台和橋藤棚公園」よりも紹介したい場所がありました。

しかし、調べても名前がなく…私が体感した情報を文字としてご紹介させていただきたいと思います。
もしこの記事をみて、場所の名前がわかる方がいらっしゃいましたら教えていただけますと幸いです。

では、さっそく私が体感したことをお伝えしたいと思います。
さきほどもご紹介したとおり、台和橋藤棚公園にある階段を下りていき、川沿いをまっすぐ歩いていきます。
だいたい歩いて10〜15分ほどすると広場のような場所に到着します。

ベンチもあるので、座って休憩をすることもできます。
傾斜の場所もありますので、お越しいただいた際はご注意ください。

この広場には、家族連れの方が鳩や鴨と触れ合っている姿をよく見ます。
また、犬と一緒に散歩している方もいらっしゃいます。

この広場のベンチに座って、ぼーっとするのが最高の息抜きです。
仕事の行き詰まった際などは、この広場に足を運んでみてはいかがでしょうか^^

台和橋藤棚公園の詳細情報

台和橋藤棚公園の住所は、こちらのとおりです。

〒214-0038
神奈川県川崎市多摩区生田2丁目19

雨天の後は足元の土が緩んでいる場合などがございますので、スニーカーを履いて散歩をされることをオススメします☆

最後まで読んでくださってありがとうございます。
私が台和橋藤棚公園を訪れた際に感じた魅力を紹介いたしましたが、参考になりましたでしょうか?
もしよろしければ、問い合わせからコメントをいただけると嬉しいです^^

次回の記事も楽しみにしていただければと思います。